どうして目は悪くなるの? 目の構造と視力低下の仕組み

42,187 views

「1日中パソコンを見ていると目がチカチカする…」
「書類の見過ぎで目が疲れた…」

実はこれ、あなたの視力を下げる原因なんです。

現代人の生活は、目を酷使しています。
生活習慣があなたの目を悪くしているって知ってましたか?

目が悪くなると、文字が見づらかったり、人の顔が判別できず、日常生活でストレスをもたらします。
また、目を細めていると人相まで悪くなってしまいます。

そんなのは嫌ですよね。

どうして目は悪くなるのでしょう?
原因が分かれば視力低下の対策ができます。

ここでは、目の構造と視力低下の仕組みをご紹介いたします。

目はどうして見えるの?

目(拡大)

私たちはどうやってモノを見ているのでしょう?
意外とそのメカニズムは分からないものですよね。

ここでは、「なぜ私たちはモノが見えているのか」をご説明します。
目の仕組みが分かれば、「目が悪くなる仕組み」まで分かってしまいます。

目の構造

目の構造は「カメラ」の構造と似ています。

目の各器官が、カメラの各パーツに相当します。

  • まぶた  = レンズキャップ
  • 角膜   = フィルターとレンズ
  • 水晶体  = レンズ
  • 虹彩   = しぼり
  • 毛様体  = ピント
  • ガラス体 = カメラ内部・暗室
  • 網膜   = フィルム・撮像素子
  • 胸膜   = カメラボディー

カメラは、シャッターボタンが押された瞬間に、光がレンズを一瞬で通過し、フィルムや撮像素子に像を焼き付けます。
目の場合も同様に、瞳から入った光がレンズに相当する角膜と水晶体を通過し、網膜に像を結びます。
この像は網膜で感じ、その信号が脳へ伝わりることで、私たちは「見たモノ」を認識します。

カメラで写真を撮るときは、対象物に合わせてしぼりやピントを調節しますよね。
実は、この調整の行為は私たちが目でモノを見るときも行われます。

目に入った光は、まず「角膜」を通過します。
角膜はカメラでいうフィルターです。
凸の形になっているので、レンズの働きもします。
角膜の外側にある「まぶた」は、いわばレンズキャップです。

光の調節を行うカメラのしぼりの機能を持つのは「虹彩」です。
虹彩は瞳孔の大きさを変化させ、目に入る光の量を決めます。
暗いところでは瞳孔は大きく、明るいところで瞳孔は小さくなります。

瞳孔を通過した光は「水晶体」を通り、屈折します。
水晶体はカメラでいうレンズです。
水晶体の付近には毛様体という筋肉があり、その筋肉が伸縮すると水晶体の厚みは変わります。

カメラが被写体の距離に合わせてピントを調整するように、目も対象物に合わせて毛様体を伸縮させ、水晶体の厚みを変形させ調節しているのです。

水晶体の後ろには、目の大部分を占める「ガラス体」があります。
水晶体で屈折した光が像を結ぶには一定の距離が必要です。
ガラス体はその距離を確保してくれます。
カメラにおいても、レンズの後ろには暗室というスペースがあります。

そして光は「網膜」で像を結びます。
網膜はカメラのフィルム・撮像素子にあたり、光の明るさや色合いを感じとる視細胞が密集しています。
像の情報は視神経を通って、脳の中の視覚野という、フィルムの現像プリント工場にあたる部分に送られて、ようやく映像として認識されます。

このような過程を経て、私たちはモノを見ています。

目はどうして悪くなるの?

よく見えない女性

「ピント」が合わないとよく見えない!

目は、光を屈折させ網膜に像を結ぶことで、対象物を認識しています。
光の屈折の調節をするのは「毛様体」でしたね。

では、モノがぼやけて見える仕組みを考えてみましょう。

カメラの場合は、「ピント」がうまく調節できていないと、ぼやけた写真になってしまいますね。

目においても同様です。
目の場合、毛様体が水晶体の厚みを調節し、光を屈折させ、網膜上に像を結んでいます。

毛様体が上手く働かないと、光の屈折が調整できず、見たものがぼやけてしまうのです。

これが「よく見えない」仕組みです。

ただし、病気や老化、目の形自体の変化によっても、像が網膜上に結びづらくなります。
毛様体が上手く働かなくなることが、目が悪くなる全ての原因ではありません。
正しい理由が知りたいのであれば、眼科で診察されることをおすすめします。

目が悪くなりやすい人って?

目が疲れた女性

「目が悪くなる」大きな原因は「毛様体が上手く働かなくなる」ことです。

毛様体が上手く働かなる人には共通点があります。

それは「目を酷使・緊張させている人」です。

毛様体は筋肉であり、疲れや緊張状態が繰り返し続くと、上手く働かなくってしまいます。

特に、近くを見る時、毛様体は収縮し、緊張状態になります。
近くを見る時間が多いほど、目が悪くなりやすいのです。

パソコンをよく使う方や、スマートフォンを見る時間が長い方は、知らず知らずのうちに毛様体を疲れさせ、視力を低下させている可能性があります。

他にも、「液晶の光」や「職場でのストレス」によっても目は疲れてしまいます。
通勤時間にずっとスマートフォンを見て、会社でずっとパソコンで作業をしているような方は、目が悪くなる可能性が高いです。

目を疲れさせると目が悪くなってしまうなんてこわいですね。

目の疲れを取るには、遠くを見て目をリラックスさせることや、目の血行を高めること、 目によい成分のあるブリーベリーの摂取が効果的です。
最近だと、ブルーベリー以上の成分が入ったサプリメントなんてものもあります。

詳しくはこちらをご覧ください。
視力は回復できるの!? 今日からできる視力改善法

目が悪くならないためにも、「目の疲労」にだけは注意しましょう。

まとめ

オッケーサインの女性

いかがでしたでしょうか。
目の構造や視力低下の仕組みが分かりましたね。

パソコンを使う時間の長いビジネスパーソンは、目が悪くなりやすい傾向にあります。
近くの見過ぎには気をつけなくてはなりません。

目は大切な体の一部です。
忙しい社会人の生活では、ついつい忘れがちですが、目のケアをしっかり行いましょう。

視界がクリアだと、仕事へのやる気も高まりますね。

いつまでも、モノがはっきり見えるように、目は大切にしましょう。

-病気

2018/03/30